フラット35の注意点とは?

フラット35は、住宅金融支援機構と民間の金融機関が提携して、国民に住宅を手に入れてもらおうというものですから、賃貸目的でのアパート購入には利用できません。
マンションも、自宅用のものに限られます。
インターネットででは、フラット35で借りてアパート経営をする方法などといって、何か有料サイトに誘導するようなところがあるようですが、そういうところは怪しいので近づかない方が良いでしょう。
ただし、裏ワザというほどでもないですが、自宅としての居住スペースのある「賃貸併用物件」を建てるなら、フラット35を使えます。
大家さんが同じアパートに住んでいるような物件ということですね。
ただし、住居スペースの比率など、一定の条件はあります。
しかし、アパート経営を考えている人には一考の価値がありますね。
フラット35比較ランキング!金利安いおすすめ銀行は?【借り換え】