住居を移ったら引越ししたところの家屋がフレッツ光しか契約されていませんでした

住居の場所を変えたら、引越し先の家屋がフレッツ光しか契約していませんでした。
かねてから使用していた通信会社を切り替えることなく用いたかったのですが、他に選択の道がなく、用いることにしました。
月毎のことなので今までの倍の料金の負担が重いです。
近年になって、光回線の業者の人がお年寄りの自宅を訪問し、勧誘を強引に行ったり、判断力の劣った高齢者をうまく言いくるめて契約させるなど、光回線の契約に関わるトラブルが多くなってきています。
この事態を受けて、総務省では契約から8日以内であれば解約が行える光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明確にしました。
wimaxのデータ通信でしたら、速度の制限がないので仕事でPCを使用する方でも心配なく使用可能だと感じます。
PCで通信するぶんには、スマーホフォンなどのモバイル端末に対して、容量が大きくたちまち通信量が上がるので通信制限がないのは助かります。